tomo*cafe

おすすめ旅スポットやかんたん料理・おやつなどを紹介するブログ

【転職先が決まっていない場合】退職後の手続きと必要なもの

f:id:petit-bonheur394:20181109175002j:plain

こんにちは、ともか(@tomo_chan394)です。

 

今回は、転職先が決まっていない場合の退職後の手続きについて、わたしの実体験をもとにご紹介したいと思います。

 

退職後にしなければならない手続きと、それに必要なものについて書いていきます。

 

 

退職後に会社から受け取るもの

 

先日、退職した会社から色々な書類が郵送で送られてきました。

 

中には

  • 雇用保険被保険者離職票-1
  • 雇用保険被保険者離職票-2
  • 健康保険資格喪失証明書
  • ハローワークパンフレット

の4つが入っていました。

 

「よし、これで役所やハローワークにこれらを持って行けば、退職後の諸々の手続きを済ませられるぞ〜! 」と意気込んでいたら、書類には事前に記入しなければいけない箇所がいくつかありました。

 

ただ出せばいいだけだと思っていたので危なかったです。

しっかりと確認しないといけないですね!

 

初めてだと何もかも分からなくて大変ですが、みなさんもお気をつけください!

 

退職後にしなければならない手続き

 

それから書類に記入をして、他にも手続きに必要なものを準備しました。

 

退職してすぐに転職先が決まっていないわたしの場合、やらなければいけない手続きというのは

  • 健康保険の切り替え
  • 年金の切り替え
  • 失業保険の申請

 の3つです。

 

これらの手続きに何が必要なのか、さっぱり分からなかったので、事前に調べてみました。

 

しかしたくさんの情報を見ていると、何がいるのかいらないのか、だんだんよく分からなくなってきてしまいますよね。

 

そこで、大は小を兼ねると思い、必要そうなものは全て用意しました。

 

まず、退職前に会社から受け取っていた

  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳

 

それから、退職後に会社から送られてきた

  • 雇用保険被保険者離職票-1
  • 雇用保険被保険者離職票-2
  • 健康保険資格喪失証明書

 

そして、自分が持っている

  • 身分証明書(運転免許証やマイナンバーカード)
  • 印鑑
  • 本人名義の普通預金通帳またはキャッシュカード
  • おくすり手帳(これは退職理由が怪我であり、それを証明するのに念のため)

 

そして、最後に

  •  写真2枚(直近3カ月以内、縦3cm×横2.5cm)

 

合わせて10つにもなりました!

なかなかの量ですが、念のためです。

 

まずは役所に行って、健康保険と年金の切り替え手続きをしてきました。

 

わたしの場合、やらなければいけない手続きは

  • 国民健康保険への加入
  • 国民年金への加入

の2つです。

 

わたしが行った役所では、両方とも同じ窓口で手続きが出来るようだったので、とても助かりました。

 

そのまま担当の方に言われる通りに、必要な書類を出して、その場でしなければならない記入をしました。

 

手続きに必要なもの

 

今回の手続きをするのに実際に必要だったものは

  • 健康保険資格喪失証明書
  • 年金手帳

2つだけでした。

 

10つも持って行ってこれだけ!?というくらい少なかったのですが、加入手続きだけだったので、これくらいだったのかもしれません。

 

そんなこんなで、あっという間に手続きは完了です!

もっと色々とやる事があるのかと思っていましたが、基本座っているだけでした。

 

そして、この手続きをしてすぐに保険証も発行してもらえました!

これで身体に何かあっても安心ですね。

 

さいごに

 

今回は、初めての退職後の手続きでしたがまずは無事に終了しました。

あとは失業保険の申請手続きが残っていますが、それはまたご紹介したいと思います。

 

まずは、会社から送られてきたハローワークパンフレットに

“ハローワークインターネットサービス「求職情報仮登録」をしてから行くと、手続き時間が短縮できる

というようなことが書いてあったので、それをやっておきたいと思います。

 

求職情報仮登録についてはこちらの記事に詳しく書いてあるので、ぜひご覧ください。↓

 

みなさんもぜひ参考にしてみてください!

 

それでは、今回はこのへんで。

 

この記事がおもしろかったら、ぜひ下のスターボタンを押してください✧︎*。

読者登録もお待ちしております!